消費者金融 一覧【どれもすぐに借りられます】

おすすめ 消費者金融 一覧

プロミス

消費者金融の中でスペック最高!!
プロミスは消費者金融の中でも色んなサービスが充実しています。まず出金日の翌日から30日間無利息ということです。他の消費者金融は契約日の翌日から無利息期間が発生するので、すぐに借りないといけません。次に、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、24時間いつでも振込OKの瞬フリが利用できます。土日祝日でも夜中でも、プロミスのログイン画面から申込むと一瞬で振込まれます。そして最後に、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行から口座振替にするとカードレスにできます。誰にもバレずにキャッシングできるというワケです。女性専用のプロミスレディースもあります。

金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万円
収入証明書不要の条件 50万円まで
返済日 5日、15日、25日、末日
パート・アルバイト OK
メリットのある銀行口座 三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、深夜でも、土・日・祝日でも、銀行口座に24時間最短10秒振込みの「瞬フリ」が利用できます。手数料無料。

モビット

モビット 消費者金融の中で申込みの記入項目が一番少ない
申込みに必要な記入項目数をプロミスとアコムと比較してみると、プロミス:34(自動入力5)、アコム:36(自動入力4)に対し、モビットは20(自動入力1)です。入力項目を少なくすることで、より早く審査に入れます。入力項目が多いほど精密な審査ができるのは確かですが、どちらにしても信用審査で全部分かってしまいます。ということはモビットは消費者金融の中でも非常に合理的に審査が進められるということです。次に即日融資の条件は平日の14:50までに審査完了していることとなっています。他の多くの消費者金融は14:00までに審査完了していることが条件なので、モビットならより余裕を持って申込みができます。

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
収入証明書不要の条件 なし
返済日 5日、15日、25日、末日
パート・アルバイト OK
メリットのある銀行口座 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座と社会保険証があれば「WEB完結申込」ができます。申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレス。

レイク

2種類の無利息期間が選べる
5万円まで180日間無利息/金額にかかわらず30日間無利息のどちらかの無利息が選べます。例えば無利息期間のない消費者金融で5万円を180日間借りたときの利息は2,655円(金利18.0%で計算)ですが、レイクならこれが無料になるワケです。次にコンビニATM手数料が無料というのも見逃せません。他の消費者金融を利用した場合、ATM手数料は借入も返済も、1万円以下:108円、1万円超:216円です。利用料ビジネスが一番儲かるというだけあって、銀行や消費者金融も手数料を取りたがります。一番利用する頻度が高いコンビニATMが手数料無料なら利用者にとっては嬉しいですね。

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
収入証明書不要の条件 100万円まで
返済日 自由設定
パート・アルバイト OK
メリットのある銀行口座 なし

アコム

消費者金融の老舗
消費者金融の中で一番貸付残高が高いのがアコムです。つまり、実績ナンバーワンということです。アコムは消費者金融で初めて無人契約機の「むじんくん」をリリースし、消費者金融の存在がより身近に便利になりました。その後、すべての消費者金融が無人契約機を導入しています。次に、楽天銀行に口座があれば、ネット契約後、最短1分で振込完了するのが魅力です。初回振込みの場合、平日の18:00までに申込むと当日19:00までに振り込まれます。こういった点から、アコムは即日融資に強い消費者金融だといえます。急いでいる方は

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
収入証明書不要の条件 100万円まで
返済日 35日ごと/毎月指定日
パート・アルバイト OK
メリットのある銀行口座 楽天銀行に口座があれば、ネット契約後、最短1分で振込完了。 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に口座があれば、ネット契約後、初回振込みの場合、平日の18:00までに申込むと、当日19:00までに振り込まれます。

消費者金融でお金を借りることは普通です

初めてお金を借りるなら、大手の消費者金融がおすすめです。お金を借りるということに抵抗があったり、消費者金融を利用するのは恥ずかしいイメージがありませんか?でも自動車ローン、住宅ローン、医療ローンなど、「ローン」という名目でみんなお金を借りています。その中で消費者金融だけ特異な目で見られるのはおかしいですよね。アメリカでは「Money Shop」という看板(日本でいうところの消費者金融)の店舗があちこちにあり、利用者は堂々と入っていきます。賢くお金を借りて計画的に返していくことは決して恥ずかしいことではありません。返済することによって信用格付けが上がっていきますしね。このサイトでは消費者金融を一覧にして紹介しています。どれもネットですぐに申込みできるので本当に簡単です。

消費者金融でお金を借りるまでの流れ

1.ネットで申込み
2.必要書類(運転免許証、健康保険証)を画像で送付
3.在籍確認の電話
4.審査結果の連絡
5.最寄りの無人契約機に行き、カードを受取り出金

とてもシンプルです。無人契約機に行く前にネットから申込んでおけば、無人契約機に向っている間に審査が進み、カード受取りまでの時間が短縮できます。無人契約機の前にジッと座って待っているのは時間がもったいないので先に申込んでおいた方がいいです。また、家族にバレずに申込むなら、無人契約機にカードを受取りに行くのが一番です。無人契約機に行かない場合は、必要書類が自宅に届き、記入して送り返す必要があるので誰かの目に留まる可能性が出てきます。つまり、無人契約機でカードを受取るメリットは「即日融資」「家族にバレない」という2つのメリットがあるワケです。

WEB完結できる消費者金融

WEB完結に対応している消費者金融はプロミスとモビットだけです。WEB完結とは、申込みから出金までWEBで完結するサービスです。書類の受取りや郵送など一切ありません。プロミスとモビットに共通しているのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があることです。どちらの銀行もプロミスとモビットに出資しているので、口座があれば話が早いですね。

消費者金融 WEB完結取引きのタイプ 条件
プロミス WEB完結(カードレス) 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行から口座振替にすると、申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレス。
モビット WEB完結(カードレス) 三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座と社会保険証があれば申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレス。
レイク カード・書類の受け取りあり なし。
アコム カード・書類の受け取りあり 楽天銀行に口座があれば、ネット契約後、最短1分で振込完了。初回振込みの場合、平日の18:00までに申込むと当日19:00までに振り込まれる。

お金を借りるならどこで借りるかについての意識調査

◆困った結果…
給料日に散財してしまった結果、お金を借りなければいけない状況になりました。どこでお金を借りようか親か友達か消費者金融には手を出したくないし悩んだ末親に頼ることにしました。怒られたり心配されたりするのも嫌ですが、やはり1番信頼できるのは親です。友達に借りるとトラブルになった時面倒が起こりますが、親だと返すつもりがないというわけではありませんがいろんな意味で安心できます。ですので親に借りると書かせていただきました。

◆もしお金を借りるなら…
銀行でのフリーローンや自動融資システム(カードローン) 、クレジットカードのキャッシングなど借りたことがありますが、フリーローンは返済額長々と続くし、カードローンはあっという間に借入金が増えてしまうので、出来れば手を出したくないところです。なので、クレジットカードのキャッシングが翌月には返済だし、一番良いかと思っています。後は親に借りれるのが良いですよね。民間の生命保険に加入されている方は内容によっては解約金の範囲内で借りることが出来るものもあります。

◆お金借りるならやっぱりお堅い銀行でと思います
少し前になりますが、本当に遠い親戚になるおばさんがちょっとヤバイところからお金を借りたみたいでした。 なぜか、うちに電話がかかってきてそのおばさんがお金を返さないので代わりに返せといわんばかり。何度も何度もひつこいぐらいかかってきて、困りました。そのころはまだナンバーデイスプレイをしてしてなかったので、時々でてしまい怖い文句も聞きました。もう一人の親戚のところにもあり、その方はだいぶやられて払わないといけないかと思いつめる一歩手前になってしまいました。やはり他人にまで迷惑をかけないよう、安心なところで借りたいと思います。自分で責任がもてる範囲で。

◆人目が気になる
お金を借りるとすれば消費者金融が手っ取り早いですが、イメージもありますしあそこに出入りしている所を知り合いにでも見られるとバツが悪いので消費者金融では借りません。銀行のカードローンは消費者金融と金利面でそれほど変わりはありませんが最近は無人のATMでカードの作成や手続きを短時間で済ませる事ができるようですし、返済時にATMへ出入りしているところを見られても疑われる事はないので借りるとすれば銀行のカードローンでしょうか。

◆トラブルを回避するために
もしお金を借りるなら、CM等でやっている金融会社でお借りします。自分もいい歳ですから親や親族から借りるのは気が引けますし、友人から借りてしまうとトラブルに発展しかねません。金利は付き、返済が滞ると大変な事になりますが、それでも社会的に考えて、そういった金融会社を利用すると思います。「金の切れ目は縁の切れ目」とはよくいったもので、個人同士のお金のトラブルで事件に発展することもあり得ます。無用なトラブルに発展しないためにも、「客」としてそういった会社を利用します。

◆リッチな親を持つとラッキー
間違いなく、親に借ります。私は親子関係も良好ですし、私自身が派遣でずっと生活してきたため、何かあった時真っ先に親に頼れる様に、良い関係を作ってきました。子どもの学費を借りた時も、もちろん無利子。期限も無し。「返せるとき少しずつでもいいから」と言われています。でもきちんと返していますし、返し切るつもりですよ。すべての人が同じように借りれるわけではないけれど、利子がつかない、期限なしってすごく気が楽です。私自信、収入も不安定ですし。

◆自分の身の丈に合うサイズで
お金を借りるなら…ほとんどは、家族に借りることが多いですが、家族にあまり知られたくないプライベートな用件のものだと、クレジット会社経由で借りることになると思います。エステなど、自分にかけるもののお金を家族費用を使っている場合、主人に見つかればもちろん説教されます。なるべくみつからずに、綺麗になることを希望しています。以前、結婚前にエステで契約したローンがかなり残っていて、結婚時ちょっと説教されましたので、その後は気をつけるようにしています。自分が返せるだけ借りることが大事だと思いました。

◆親にすがる
お金を借りるなら、無担保で「親」に借ります。銀行やキャッシュローンなどだと、利子が高くつき、結果的に借りた金額を上回る金額を返すことになり、損した気分になります。親の立場も様々ですが、きちんと借りたお金を何に使うか、必ず返す強い意志があるかを親に伝えればきっと貸してくれると思います。基本的に目的がなかったり、ただ遊ぶためにお金を使うなど、中途半端なお金の借り方はないと思います。お金を借りる意思をきちんと伝えたうえでお金を借りたいと思います。

◆借りずに済むのがベストですが
1.借りずに済むのがベスト:
個人的に借金は苦手です。借りずに済むなら絶対避けたいのが本心です。 2.最悪の場合:
最悪どうしてもと言う場合でも、自分的な許容範囲はせいぜい銀行のオーバードラフトです。 3.絶対避けたいのは:
絶対避けたいのは、消費者金融です。金利の法外な高さ、取立てのプレッシャー等々考えると手を出すのは避けたい気がします。本当に簡単に借りれてしまうところも(逆に)、小生のような自己管理能力の低い人間には恐ろしい限りです。→審査なしETC

◆審査があるから借りられる
銀行です。ちゃんと審査を受け住宅ローンを組み、今も利用していることもあり安心できるからです。主人が以前、消費者金融で借金をしていたことがありましたが、その時の利息の凄さを知っているからかもしれません。簡単に借りられるというハードルの低さが借金をエスカレートさせる結果につながることを身近で経験しました。当時の主人は泣き言ばかり言って借金を繰り返し、解決するまで弁護士の方にも迷惑のかけっぱなしでした。やっと解決した今もあの時の怖さは忘れられません。

◆お金を借りる方法
もし自分がお金を借りるなら、当たり前ですが出来るだけ利息の安い所が良いです。実際住宅ローン以外で借りたことが無いのでどう借りたらよいのか分かりませんが、友人がお金に困って色んなとこで借りているので、その時は先ず友人に聞くと思います(苦笑)。そんな状況には絶対になりたく無いですが…。消費者金融は怖いので、銀行のATMにあるカードローンとかでしょうか。友人はその他にも加入している生命保険からお金を借りているようです。でもそんな事にならないよう気をつけます。

◆個人に融通が利くのは地銀
お金の金額にもよりますが、高額であれば地元の金融機関を選びます。大手の銀行だと融通も利きにくいでしょうが地元の金融機関なら少し待ってとか金利の引き下げなども割と柔軟に対応してもらえそうな気がします。先日も住宅ローンの借り換えを検討しており他銀行に代わりたいと話すとこのくらいまでならと1%以上の金利引き下げを提案してくれました。店員の態度が余りにも気にいらなかったので他銀行に借り換えましたが地元ならではの対応ではないかと思いました。

◆親不孝
私がもしどうしようもなくなってお金を借りなければいけなくなった際は第一に頭に浮かぶのが両親です。この先も借りることはないかと思いますがもしもの話です。なぜなら、訳もわからない金融や銀行から借りて利子を払うくらいなら両親には大変迷惑がかかりますが理由を説明し貸してもらい貸してもらった方がいいからです。友達には絶対に借りません。友達にお金を借りるのは絶対に良くないと思うからです。両親には迷惑をかけた分多めに返済したいと思うからです。

◆銀行のキャッシングを利用します
できるなら、お金は借りたくないです。今はお金の余裕もできる様になったので、今は借りる事はありませんが、もし、借りるなら、金利は大切ですが、信頼のおける金融機関で借ります。私は口座を持っている銀行で借ります。キャッシング会社を信用していない訳ではありませんが、取り立ての方法がえげつないという事もネット等から見た事があります。もちろん期日までに返さない方が悪いのですが。また、銀行は逆に私がお金を預けているという事で信頼を持ってもらう事ができます。金利も大切ですが、お金を借りる事事態、私にとっては普通の事ではないので、もし、何かあったらという事まで考えて、慎重に選択します。

◆銀行でお金を借りるのが安全です
いろいろとお金を借りています。住宅ローン、車のローン、教育ローンなどなど、たくさん借りていますがやはり借りるなら安全な銀行で借りるのがいいですね。書類などたしかに面倒ですが、安全だし親切に教えてくれるので助かっています。金利も今は低いですし借りやすいのがおすすめです。住宅ローンは低い金利のものに借り換えもすすめてくださり、利息がかなり少なくなりました。初心者にはこうしたものは全然わからないのでプロに教えてもらって助かりました。

◆一番身近です
お金を借りるときは何時も親に借りています。当然の様に利子もありませんし、約束すれば別ですが期限も絶対ではないので消費者金融と比べるとメリット多い様に感じます。何より消費者金融で借りていると返済するまでの間常に心が落ち着かなく休まらない感覚があります。親ならその気持がかなり軽減されるのでとても魅力的です。それでもいくら身内といっても申し訳ない気持ちや感謝の気持ちを忘れない事が大切なのと、あまりにも回数が多いと流石に難しいこともあると思うので気をつけて行きたいです!

◆借りるなら農協?!
家を買ったときに不動産屋さんが提携していた「農協」で住宅ローンを借りました。その流れで公共料金から携帯の支払いまで、あれよあれよとメインバンクが農協に!もちろん、私個人は農家でもないし、畑のひとつも持っていませんが、「準組合員」という資格で少しだけ出資して農協のサービスが受けられることになったのです。なので、お金を借りるなら農協のローンが最も条件がいい事態となってしまい、気分は農家の人です。本来金融機関でないこともあって、基本ざっくりと話しやすく「審査も緩め」との噂。変な金融商品を売りつけられることもなく、意外と良いかも!と最近は満足しています。

◆金利が低い銀行
お金を借りようと思った場合、使い途にもよりますが、私は銀行で借ります。消費者金融の方が手軽で早く貸してくれるという見方もできますが、金利面を考えると銀行で借りた方が絶対に良いと思います。私は消費者金融でも、銀行でも借り入れをした経験がありますが、金利が違うだけで返す金額、期間は大きく変わります。毎月決まった金額を返している気でいてもその半分は金利に回っていたりする経験がよくありました。銀行はマイナス金利等の影響もあり、貸したい風潮が強いため、事故歴がなければ銀行に相談するべきです。

◆自分の親
どうしてもお金が必要になったら自分の親に相談します。そしてもちろん借りたとしたならばその分の利息もちょっと乗せます。色々なところで今の時代は貸してくれますがもしそのようなところで借りたとしたならばその分きちんと利息を払わらないといけません。やっぱりお世話になった人に払うのは良いと思いますけど、違うところだと借りる気が起きません。誰かに聞いた話によると一度借りるとよく電話が来るようになるらしいです。その誘惑に負けそうなので借りたくありません。

◆クレジットカードでキャッシングが一番
お金を借りるならクレジットカードでキャッシングを利用するのがいいと思っています。コンビニなどでお金を下ろしている風にしてATMを利用すれば、キャッシングしてると思われなくて済むからです。キャッシングのATMなどを利用しているのを他人に見られるのが恥ずかしいと思うタイプなので、人にキャッシングしていることがばれないようにしたいので、コンビニをよく利用しています。返済するのも、クレジットカードの利用と一緒の引き落としなので、管理も便利だと思います。

◆総量規制関係なし
私は消費者金融や信販系のカードローンよりも、銀行系のカードローンで借ります。なぜなら、借入限度額が収入の3分の1しかない総量規制と無関係だからです。銀行系カードローンといえば、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどです。これらのカードは、例えば収入が300万であっても、300万円くらいまでなら借りることができます。(あくまでも審査が必要となりますが)本当に困ったときはそうします。

◆便利さと安心感
クレジットカードのキャッシングで借ります。数万から数十万までです。コンビニで借りられる手軽さでありながら、会社自体は大きいのでとんでもない罠にはまったりする心配はない、人に知られずに済む、返済方法もとりあえずリボ払いにして、払えそうなら一括でと融通が利くなどの理由からです。利息は安いとはいえませんが、安心料と思うことにしています。知人等から借りてお礼などをするつもりになれば、気を使わないだけ助かります。ただ、ショッピングの支払いのために同じカードでキャッシングをしたりして、私バカみたいと思うこともあります(笑)。

◆信頼できる友人に
私が、お金を借りるなら、信頼できる友人に借ります。親に借りてもいいのですが、親は過度に心配をしてしまい、精神的な負担を掛けることになると思いますし、それであれば、絶対的な信頼関係のある友人に借りた方が良いと思うからです。しかし、口約束とかではありません。借りる額にもよりますが、高額であれば、借用書は必ず用意します。親しい仲であるからこそ、こういうことをすることで、より信頼して貸してもらえると思います。

◆実家は自分だけの特別な貸金業者
もしもお金を借りるなら、絶対に実家で親から借ります。なぜなら、この方法で借りれば利息はかからないからです。それに事実上、「ある時払いの催促なし」で貸してもらえるのです。世の中にこれほどお得な借り入れ方法は、私が知る限り他には何一つとして見当たりません。ただしこの方法は、原則として追加融資は受けられません。一度借りたら、後は完済するまでセッセと返済に励むだけです。しかし、もしも無事に完済することができれば、その時には、後日、また新たな借り入れを行うことは十分に可能であると思われます。

◆親に金銭的余裕があれば、親から
親に金銭的余裕があれば、親から借ります。特別な決まり事さえなければ、無利息で借りられ、かつ返済期限もありません。闇金などは恐ろしいですし、額が大きければ大きいほど、ありがたい話です。これほど良心的な条件のところはありません。ただ、普段からある程度親との関係が良好でないと厳しいでしょう。親の愛情に甘えて、借りるだけ借りていつまでも返済しないことは論外です。お金を借りたなら、借りた分だけ必ず返すという決意をもって借ります。


なるほど。消費者金融は人気がありません(笑)しかし消費者金融一覧を検索し、借りている人が多いのも事実です。銀行で借りるには時間がかかりますし、銀行カードローンは別にして無担保というのはありえません。お金を借りることはビジネスなので、計画的な返済プランを立てたなら問題ありません。くれぐれも自分の収入で返済できる金額にしておくことが大切です。